一戸建て住宅の防犯対策について!しっかり対策して安心安全に暮らそう

一戸建て住宅の防犯対策について!しっかり対策して安心安全に暮らそう

マイホームの購入を考えている人は、防犯対策の方法も気になっているのではないでしょうか。
一戸建ての家は、泥棒から侵入されやすく、不法侵入や窃盗などの被害にも遭いやすいそうです。
今回の記事では、一戸建て住宅の防犯対策についてまとめました。
特に侵入されやすいポイントへの対策を強化し、大切なマイホームを守りましょう。

窓に関する防犯対策!窓を破られないように対策しよう

窓に関する防犯対策!窓を破られないように対策しよう

日本では、何らかの被害を受けた後に防犯対策をはじめる人が多いと言われています。
いざ防犯対策したくても、どこから始めたらいいのかわからない、という人も多いでしょう。
窓の防犯対策は、窓の割られ方に応じて対処法が考えられます。
泥棒が窓を破る方法はいくつもあるので、それぞれ把握して対策を立てていきましょう。

窓が破られないための対策方法

泥棒が窓を破る方法を把握し、しっかりと対策していきましょう。

三角割り

打ち破り

焼き破り
特に日本で空き巣に侵入される場合、一番多いのが「三角割り」で窓を破られることです。
窓ガラスと枠の間を狙い、マイナスドライバーで数回突くだけでガラスが割れてしまいます。
時間も数十秒ほどで割られてしまうのです。
打ち破りと呼ばれる方法では、バールなどで叩いて窓ガラスを割られてしまいます。
大きな音がするため、昼間の民家などではこの方法で侵入されることはないと思いますが、線路沿いなど雑音が気にならない場所では注意が必要です。
焼き破りと呼ばれる手口では、ガラスにターボライターやバーナーを当てガラスを熱して割る方法が使われます。
割れる時の音が小さく、耐貫通制精度が低いガラスだと数十秒で割られてしまいます。

防犯に有効な窓ガラスとは

割れるまでにそれほど時間がかからない窓ガラスは、どのようにすれば防犯対策ができるのでしょうか。
また、一戸建てを建てたい時はどのような窓ガラスを選べばよいでしょうか。
網の入ったガラスや強化ガラスは、実は防犯ガラスではないのです。
100%割れないガラスはありませんが、防犯を考える際に大事なことは割れないガラスではなく、もし割れても貫通しないガラスであるという点です。
防犯ガラスは特殊フィルムがガラスとガラスの間に入っているガラスのことで、合わせガラスの一種でもあります。
フィルムは樹脂で作らており、ガラスにひびが入るようなことがあっても、窓はもとの形状のままで保たれます。
防犯ガラスにはCPマークという安心・安全のシンボルとなっているマークがついているものを選ぶと良いでしょう。

空き巣が侵入を諦めたくなる窓にしよう

空き巣犯の気持ちになった場合、どのような窓だと侵入を諦めたくなるでしょうか。
窓ガラスに飛散防止のフィルムを貼れば、コストがあまりかからず手軽に防犯対策できます。
フィルムを貼ってもガラスの飛散防止にしかならないので、完璧に防犯できることにならないかもしれませんが、ガラスが貫通しにくくなるのです。
窓の鍵周辺に貼るフィルムも売っていますが、可能であれば窓全体に貼れるフィルムがあれば、その方がより防犯効果が高くなるでしょう。

庭に関する防犯対策について

庭に関する防犯対策について

一戸建ての方がマンションと比べて空き巣の被害に遭いやすいと言われています。
マンションよりも戸建ての方が空き巣に侵入されやすいことが、警察庁の調査でわかっています。家を囲むフェンスや塀の種類によっては、侵入しても人目につきにくく隠れやすいためです。
一戸建てだと窓も多いので、鍵を閉めるのを忘れてしまうこともあるようです。
空き巣に狙われてしまうと、繰り返して侵入されることもあるので、気をつけて防犯対策していきましょう。

庭の防犯対策方法

一戸建ての場合、庭にも防犯対策をしていきましょう。
戸建ての家が空き巣に狙われることが多いのは窓などから侵入する際に、植木や塀などで空き巣が体を隠せるからという理由もあります。
庭や窓、さらに玄関にしっかり防犯対策することで、外から見て防犯に注意している家だとわかるので、空き巣に対しても良いアピールになります。
空き巣は意外と金目のものがあるように見える戸建てというより、侵入のしやすい家かどうかを見ているそうです。

きれいな庭のあるマイホームは狙われにくい

空き巣が狙いにくい戸建ては、きちんと整備しているきれいな庭のある戸建てだそうです。
庭が整備されていない場合、防犯にも気をつけていないと思われる可能性が高いそうです。
空き巣に嫌われるようなマイホームの庭作りをしていきましょう。
空き巣は、家に人がいない時に狙うことが多いそうです。
住民の生活リズムなどをチェックして慎重に下見をしているそうなので、外から見てもわかるように防犯対策をしましょう。

外から見て防犯対策しているとわかるようにしよう

空き巣から狙われることを防ぐために、外から見て防犯に気をつけていることがわかるようにホームセキュリティなどの設備を導入するのも良いでしょう。
きれいにしていて整理整頓もしっかりしている家は、泥棒も敬遠する傾向が高いようです。
日頃から庭やマイホーム周辺を掃除してきれいにしておきましょう。
また、フェンスなどで泥棒の体が隠せるような場所もない方が理想的です。
プライバシーを守るのは大切ですが、家の敷地内に人が隠れられる場所は無い方が良いでしょう。
防犯砂利を敷いておくのも良い方法です。
防犯砂利を敷くと、砂利の上を歩いた時に大きな音がするため泥棒に避けたいと思わせることができます。
マイホームの裏側など、人目につかない場所に防犯砂利を敷いておくのは特におすすめです。

ライトやカメラを設置する

街灯の光が届きにくい場所などにセンター付きライトを設置しておけば、人が近くを通っただけで反応しライトが点灯します。
ソーラー式のライトはコストもかからず便利ですが、光が弱い傾向にあります。
光の量が気になる人は電池式のライトを設置するのも良いでしょう。
防犯カメラをライトと一緒に設置しておけばより安心できると思います。
庭の全体が写せる場所にカメラを置いたり、家の窓や壁を写しておけるように設置したりすればより高い防犯効果が期待できます。
カメラを導入できない場合は、ダミーのカメラを設置しておくだけでも抑止力になるでしょう。

玄関に関する防犯対策について

玄関に関する防犯対策について

通常、玄関にきちんと鍵をかけるのは当たり前だと思いますが、ちょっとしたゴミ出しの際など、鍵をかけずに外出してしまう人も多いそうです。
鍵をかければ泥棒に入られなかったのに、と後悔しないように、鍵をかける習慣をつけましょう。
マイホームに防犯対策をしていても、鍵をかけずに外出して帰るのが遅くなってしまったため空き巣に入られてしまったというケースも考えられます。

玄関の鍵をかけ忘れないようにする

鍵のかけ忘れを防止する防犯グッズもあるので、取り入れても良いと思います。
どんな人でも気がゆるむことはありますし、5分程度の外出で鍵をかけなかった経験がある人も多いと思います。
鍵をかけるのを忘れないか心配な人のために、便利な防犯グッズがあります。
例えば、自動で閉まるロック機能付きの鍵です。
玄関が閉まってから数秒後に自動で鍵がかかるため、うっかり閉め忘れる心配がありません。

鍵を複数つける

玄関の鍵をロックしても、バールなどでドアをこじ開けられてしまう心配もあります。
そこで、鍵を複数つけるのも良いアイデアだと思います。
鍵を新たに付ける際は、取り付ける位置にも注意してください。
例えば、高い場所に鍵を取り付けた場合、空き巣は立って鍵を壊したり外したりしなければならないため、犯人が目立ちやすくなります。
高い場所は力を入れて作業するのが難しいというポイントもあります。
また、かんぬきの部分を補強するために、ガードプレートで周りをガードするのも良いでしょう。

インターホンを工夫する

インターホンを押してみて留守か人が居るかをチェックする空き巣も多いそうです。
外に出ている間にインターホンを押されても、インターネットで繋がっているスマートフォンの画面から外の様子を確認できる装置があります。
家を留守にしている時も、外出先から来客を確認できます。
さらに、なにか非常事態には警告音を出すこともできるので、犯人を威嚇することができます。
泥棒は目立つことを恐れているため、外出先から操作して警告音を鳴らすことでマイホームを守ることも可能です。

まとめ

一戸建ての家を探している人にとって、マイホームの防犯対策方法も気になると思います。
大切なマイホームを購入したら、安心して暮らして家を守る必要があります。
マンションと比べ、一戸建ては空き巣に侵入されやい傾向にあるそうです。
防犯対策をしっかりとチェックし、リスクを防いでいきましょう。
窓や庭、玄関など、ポイントごとに防犯対策してみてください。

老人ホーム紹介
リフォームのポイント
総合不動産ポータルサイト ONE TOP HOUSE