利便性が高く子育てしやすい「岩倉市」への移住メリット

利便性が高く子育てしやすい「岩倉市」への移住メリット

都心で働きながら、子育てしやすい街を拠点にしたいと、移住や家づくりをご検討中の方に、おすすめのエリアがあります。
愛知県のなかで北西部に位置し、名古屋への通勤も便利な「岩倉市」です。
コンパクトな街ながら、交通の利便性がよく、子育て支援制度も充実し、環境のよさも整っていますよ。
今回は、移住にも適した「岩倉市」の魅力に迫ります。

安定した人口と住みやすさ!移住するなら注目の「岩倉市」

安定した人口と住みやすさ!移住するなら注目の「岩倉市」

岩倉市の「人口」から見る住みやすさ

「岩倉市」は高度経済成長を背景に人口を増やし、1960年には約14,400人だったところから、1975年には41,000人を超えるまでに増加しました。
1993年には、名鉄犬山線と地下鉄鶴舞線の相互乗り入れをし、交通アクセスが向上したことを契機に、転入して移住する人も増えました。
県内では、もっとも面積の狭い「岩倉市」ですが、名古屋市や大治町、北名古屋市などに次いで、県内でも高い人口密度を誇るエリアです。
近年の人口は、47,000人前後を安定して推移しています。
このことからも、コンパクトな街ながら、定住して暮らしやすい街という側面も察することができますね。
実際に、市内に住んでいる人たちが、住みやすさを感じているケースが多いのも「岩倉市」の特徴です。
とくに、子育て家族の方たちは、交通アクセスのよさだけでなく、近所づきあいや地域の人間関係に魅力を感じている人も多くみられますよ。

岩倉市ってどんな街?

多くの市民が住みやすさを感じている「岩倉市」はどんな街なのでしょうか?
ここで、近隣や遠方からの移住を考えている方にとって気になる市の概要やポイントをいくつかご紹介します。
前述の通り、コンパクトな街で面積は約10キロ平方メートルです。
これは、全国でも10番目の狭さです。
しかし、このエリアにぎゅっと住みやすさの要素が詰まっているのが「岩倉市」。
たとえば、市内には日常の買い物に使うスーパーなども充実しており、岩倉駅前にはファッションや日用品もそろうショッピングセンターもあります。
買い物の便利さにくわえ、駅やバス停の近さや、医療機関の近さも、住民から評価されているポイントです。
子どもたちにとって大切な教育機関がそろっていることもポイントに挙げられます。
生活圏内に必要なものが整い、小まわりが効くメリットは、移住先として検討したい魅力ですね。

岩倉市に住む人の評価と移住のメリット

「岩倉市」に暮らす人から、さまざまな評判を耳にします。
実際に暮らす人の評価からも、移住のメリットを探ってみましょう。
よく聞かれるのは、「名古屋まで近いけど、静かに穏やかに暮らせる」「岩倉市自然生態園や、ファミリーにもよい公園がある」など環境のよさです。
もちろん、「通勤ラッシュのときの負担が軽い」など、交通の利便性についてのお声も多いです。
「子連れに優しい人が多い」「高齢の方も元気に過ごしているのを見ると、先々も楽しく暮らせそう」なども。
地域の住民に愛されていることや、定住したときのメリットの多さがうかがえます。
コンパクトシティながらも、比較的人口が多いのも納得です。
移住するなら、家族みんなによい環境で、将来まで健やかに暮らせる街がいいですね。

おすすめ物件情報|岩倉市の物件一覧

名古屋へもすぐ!利便性の高いベッドタウン「岩倉市」に移住するメリット

名古屋へもすぐ!利便性の高いベッドタウン「岩倉市」に移住するメリット

名古屋市のベッドタウンとされる好アクセス

名古屋市のベッドタウンとして選ばれる「岩倉市」。
市内にマイホームをもつ方、移住した方の多くが、毎日、交通の利便性を実感しています。
現在は、市内に乗り入れをしているのは名鉄犬山線です。
「大山寺駅」「石仏駅」と「岩倉駅」の3駅があり、主要駅は「岩倉駅」で、日々多くの人に利用されています。
とくに魅力的なのは、「岩倉駅」から「名鉄名古屋駅」まで、特急なら乗車時間はわずか11分ほどであること。
乗り換えなしで、この速さは働き盛りの通勤にうれしいですね。
「岩倉駅」には普通はもちろん、快速特急、急行、準急などすべての列車が停車することも大きな魅力といえるでしょう。
「名鉄名古屋駅」から乗車する際には、特急の最初の停車駅になるのが「岩倉駅」です。
この利便性が、「岩倉市」がベッドタウンに選ばれる理由のひとつといえそうです。
ほかにも、名古屋市内の各オフィス街に好アクセスです。
たとえば、「岩倉駅」から「丸の内駅」へは乗り換えを利用して、乗車時間は約15分。
銀行など金融系企業も多いエリア「伏見駅」へは、乗り換えを利用して約17分。
「岩倉駅」から、1時間たらずの移動で名古屋の代表的な中心地各所に快適アクセスできますね。
出張などのときは、名古屋市から新幹線を使うと便利です。
たとえば、「岩駅倉」から「東京駅」へは乗車時間約1時間50分、「新大阪駅」へは約1時間です。
また、隣駅となる「石仏駅」にも準急と普通、「大山寺駅」には普通が停車しますよ。

鉄道以外の市内アクセス

名古屋市のベッドタウンとして、優れた交通アクセスを誇る「岩倉市」ですが、鉄道以外の市民の足も整っています。
路線バスも運行しており、「岩倉駅」を中心に八剱や岩倉団地、市役所方面などに走行しています。
マイカー利用なら、国道155号のほか、県道25号や63号などの利用が可能。
海や山の観光スポットへも、車で1、2時間ほどです。
さらに、移住する子育て世代にもうれしいのが「ふれ愛タクシー」の存在です。
事前登録と予約をすると利用でき、市内の移動をサポートします。
母子手帳が交付され、出産後3カ月までのママたちや、小学校就学前の子どもたち、高齢者や障がいのある方などの利用が可能です。
移住してきてプレママになったときにも心強いサービスです。

ベッドタウンにふさわしい子育て環境

ベッドタウンとして人気の理由は、市内外のアクセスのよさだけではありません。
子育て環境も、働き盛りのファミリーが移住する条件として大切ですよね。
コンパクトな市内に、教育機関が整っているので、子どもたちを安心して通学させられるのもポイントです。
「岩倉市」には、もともと岩倉北小学校など市立の小学校が3校ありましたが、さらに2校が分割新設されました。
市立中学校も複数校あり、高校は県立高校があります。
また、市内には小規模から大規模施設まで、保育園9施設と、認定こども園3施設もあります。

おすすめ物件情報|岩倉市の物件一覧

子育て支援が充実!ファミリーが「岩倉市」へ移住する魅力

子育て支援が充実!ファミリーが「岩倉市」へ移住する魅力

「岩倉市」は、多角的な子育て支援制度が充実しており、移住するファミリーを支えてくれる街です。
代表的な子育て支援策をいくつかご紹介します。

中学校まで無料の「子ども医療費助成制度」

「岩倉市」では、出生時から中学校3年修了前までの子どもたちを対象に、医療費助成しています。
保険診療のうち、自己負担分については無料となるので、何かとお金がかかるファミリーにとってうれしい子育て支援ですね。
保険対象外の医療費や入院中の食事代などは、対象外です。

母子の健康を支える子育て支援

「岩倉市」では、市内に住む妊産婦と子どもたちをサポートするため、費用の一部を公費負担で健康検査を実施しています。
ほかにも、健康にまつわる子育て支援としては費用の一部を公費で負担する「新生児聴覚検査」も利用可能です。

働くパパママにうれしい「保育園送迎ステーション」

働き盛りの移住には、「保育園送迎ステーション」もうれしいサービスです。
これは、岩倉駅前にある送迎ステーションから、朝、子どもたちを乗車させたら各保育施設へ送り届け、夕方、各保育施設を巡回して駅前の送迎ステーションに子どもを送り届け、保護者に引き渡すという月額サービスです。
月曜日から土曜日に運行しており、名古屋市に通勤するパパやママにとっても便利ですね。

おすすめ物件情報|岩倉市の物件一覧

まとめ

名古屋市のベッドタウンとしても人気の「岩倉市」に移住するメリットを解説しました。
とくに子育て家族には魅力的なポイントが多く、コンパクトな住みやすさと利便性が評価され、人口密度が高いのも納得です。
子育てしやすい街への移住を考え中の方におすすめですよ。

老人ホーム紹介
リフォームのポイント
総合不動産ポータルサイト ONE TOP HOUSE